こんにちは、さくらです

少し前に、「35人学級の実施は見送られることになった」という報道がありました
民主党から自民党に政権が移ったことによる政策の転換だそうです
教育にたずさわる身としては、学級の人数を減らせば教育効果が上がることは自明なので、少し残念に思います

学級の人数を減らすことは、教員の数を増やすことにつながります
教員の数を増やすためには相応のお金が必要なので、費用対効果を考えると見送りが妥当という判断なのでしょう
もっとも、自民党は「小さな政府」を目指しているわけですから、党の方針通りの政策転換だといえます

政府の考え方を「学校は40人学級でできる教育を行えばよい」ととらえるならば、今の小中学校はもっと仕事を整理するべきでしょう
40人学級では、正直、先生の目を行き届かせることはできません
私の経験からいえば、十分に目が届く人数は20数名まで、頑張っても30名まででしょう
(その意味では、35人学級が実現しても教育効果を著しく向上させるものではないでしょう)

今の学校は何もかも抱え込み過ぎています
仕事を整理して「できること」に専念しないと、「何もできない機関」になる可能性があります
とはいえ、文部科学省や教育委員会が「この仕事はできません」とは言わないでしょう

われわれ国民は、「学校とは何を目的とした機関」なのか、きちんと議論してみる必要があるのではないでしょうか
学校がしっかり機能すれば、日本はもっと住みやすい国になるはずなのです


スポンサーサイト
学校教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示