「野田総理大臣」

2011/09/03 Sat 21:04

こんにちは、さくらです。

すでに皆さんもご存知のように、県船橋高校出身の野田佳彦氏が内閣総理大臣に選出されました。
県船橋高校では、甲子園出場のような大騒ぎだったことでしょう。

県船橋のような、必ずしも「全国区の有名進学校」ではない高校から内閣総理大臣が出たことは、「普通の進学校」の生徒に「夢と希望」を与えたといってよいでしょう。
自分の意志を貫いて頑張れば「一国の首相にもなれる」ということです。

県船橋高校のような地域トップ校の役割は、「地域の指導的人材」を育てることだといってよいと思います。
野田総理は県議出身ですから、地域の指導者の延長として首相にまでなったともいえます。(少し無理矢理ですが)
そう考えると、県船橋高校はその役割を十分に果たしたといえるでしょう。
野田佳彦氏が在籍した県船橋高校には、将来の首相を生むような何かがあったのでしょうね。

では、現在の県船橋高校はどうなのでしょうか。
外から見る限り、「進学指導重点校」として、また「スーパーサイエンスハイスクール」として、積極的な取り組みをしているように見えます。
在校生が「国際生物学オリンピック」で金メダルを取るなど、成果も出ているといえるでしょう。

ただ、なにか「目標に向かって一生懸命すぎる」感じがするのです。
「学校一丸となって」取り組みすぎているように感じるのです。

高校時代って、もっと無駄なことが多いものではありませんか。
高校の先生って、もっと言ってることがバラバラなものではありませんか。
「たくさんの無駄」と「たくさんの異なる考え方」とから、自分の生きる方向が見えてくるものではないでしょうか。

今の県船橋高校は目標に向かって「最短距離を脇目もふらず突っ走っている」ような気がしてなりません。

「地域の指導者」は、市民がみな「真面目」で「頑張る人」ばかりではないことも知る必要があるでしょう。
スーパーマンはコミュニティーからは孤立してしまうのです。

大学受験で成果を出すことが、必ずしも「指導的人材」を育てることだとは思えないのです。

スポンサーサイト
教育 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
No title
 こんばんは!船高は脇目も振らず的な学校ではありません。それぞれの個性を面白がり、競馬場通いのおっさん達のからかいも面白く受け答えするような生徒達でした。私は数十年前、帰宅中のカップルが自然な感じで哲学的な話をしているのを聞いていて志望しました。
校舎や門や植木や制服を比較していましたが通っている生徒がいいのが一番確かだと思いました。
爆笑が絶えないような学園生活を送れましたが入学後のテストが厳しくて自殺が多かったのを覚えています。
父親が東大出が多い学校だったという印象があります。
コメントありがとうございます
OBさん、コメントありがとうございます。
県船橋高校がそのような学校であったことは存じ上げています。
ただ、県が妙な危機感を抱いて(全国的な流行りから)進学指導重点校などというものを作った頃から変化があるように感じるのです。
かつての船高をよく知るOBから見たら、今の県船橋はどう見えるのでしょうか。
No title
 こんばんは!正直言って天下の千葉高を差し置いてって感じです。(我々の頭の中には当時なかった渋幕はないんです。)千葉高は神崎さん、志位さんと党首を二人も既に輩出していますね。一部の熱き人々には政治家を志望しやすい風土があるのでしょうね、千葉は。野田さんも民主党のトップって感じの位置でしょう。今までの長き自民党政権だと初等科から一貫の私立か、都立や国立の名門か麻布あたりでないと選ばれなかった。

船高は陸上の下仁さん(オリンピック・レベル)がもう少しだったのが惜しかったのと、歌手はザ・ブームの栃木さんとかいるのに演劇が確か全国大会で二位もとっているのに有名な俳優が出ていないのが残念です。
千葉高は宇津井さんや市原さんという大御所がいらっしゃるのに。

総理大臣よりもノーベル化学賞や芥川賞や宇宙飛行士を出す方が自然な気がします。船高は・・・・・・

管理者のみに表示