「セミナー」

2010/11/13 Sat 01:56

こんにちは、さくらです。

先日、教材会社(出版社)のセミナーに行ってきました。
中学校では、再来年から学習指導要領が改定になるので、それにともなう教材の変更点などが話の中心でした。
(もちろん、むこうも商売ですから営業の話なのですが。)

行ってみて驚いたのはセミナーの中身よりも、来場者(塾関係者)の様子(?)です。
来場者の3分の2程度は、どう見ても私より年上に見えました。
つまり、個人塾は「年をとってもできる」ということのようです。
また、年上の皆さんは、すでに何年も塾をやってきているのでしょうから、「やり方次第で生き残っていける」んだなとも感じました。

私は大手塾が長かったので、正直、「もう個人塾なんて淘汰されているんじゃないか」ぐらいに思っていました。
(まったく不遜な話で、申し訳ないです。)
塾のターゲットや形態はまちまちなのだと思いますが(この人たちの塾を、見て回ってみたいと思いました)、自分もやっていけるような気がして、少し自信がわいてきました。

そういう意味では、電車賃を使って千葉まで出かけた甲斐がありました。


スポンサーサイト
さくら進学塾 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示