「懺悔」

2010/08/15 Sun 01:15

さくら進学塾のお盆休みも半ばを過ぎました。

私が、この夏からさくら進学塾を始めるにあたって、うち捨ててきてしまったもの(表現は悪いですが)があります。
それは、以前の塾で担当していた生徒たちです。

小5・小6・中1・中2・中3と、たくさんの生徒を見捨ててきてしまいました。

特に中3・小6の生徒たちには、大切な受験生の夏に担当が変わることになって、本当に申し訳ないと思っています。
中3のクラスでは、私の言葉を信じて厳しい課題をこなしてきていただけに、生徒たちを裏切ってしまったようで心苦しいことこの上ないです。
クラスのみんな、自分勝手な先生を許して下さい。

夏期講習も半分が過ぎましたから、すでに新しい先生の授業にも慣れたと思います。
私の後任が誰だったとしても、力のある先生ばかりの塾なので授業については心配していません。
新しい担当に「しっかり」ついていけば、合格にたどり着けるでしょう。

私はもう、みんなの成功を祈ることしかできませんが、自分の力を信じて頑張って下さい。


スポンサーサイト
受験勉強 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ご連絡ありがとうございます
M先生、ご連絡ありがとうございます。

私の中で、あの生徒たちの存在は「心に刺さったトゲ」のようなものです。
ときどき、思い出したようにチクチク痛むのです。
でも、先生の報告のおかげで、その痛みも少し和らぐような気がします。

それにしても、立派な結果ですね。
私が最後まで担当していたら、こうはいかなかったかもしれませんよ(笑)。

私は今も自分のフィールドで頑張っています。
先生もお元気で頑張ってください。

管理者のみに表示