「限定要素」

2010/05/25 Tue 01:31

塾をやりたいと書きました。
しかも、「上位校志望の中3生だけ」の進学塾を。

しかし、中3生だけの進学塾なんて聞いたことがありません。

なぜなら、中3生は受験が終わるといなくなるのです。
翌年、また新たな中3生が入って来る保証はありません。
もしかしたら、一人二人しか入塾しないかもしれないのです。

中1・中2生がいれば、その生徒たちは自動的に新中3生になります。
継続的な塾経営のためには、中1・中2生の存在は非常に大切です。
もちろん、中1・中2生による収入も経営上重要な位置を占めているでしょう。

でも、私は「受験生」の指導にこだわりたい。
そして、高校受験では、受験生は「1年間」だけで十分です。
塾側の都合で、危機感をあおって、早期の入塾を勧めるようなことはしたくありません。

塾の先生としては「まったく無名な人間」が、「個人」で、「地元の補習塾」ではなく「上位校向けの進学塾」を始めるというだけでも、生徒が集まる要素は少ないと思います。
しかし、あえてさらに「中3生のみ」という限定要素を加えたいのです。

その結果、生活が苦しくなることもあるかもしれませんが、まずは「思うように」やってみたいのです。
どうなるかは「神のみぞ知る」です。

スポンサーサイト
さくら進学塾 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示