後期選抜の存在意義

2017/02/11 Sat 03:14

こんにちは、さくらです

県内私立校入試がほぼ終了し結果が出揃いました
今年の私立校入試を振り返ると
後期選抜の方向性が見えてきた感じがします

後期選抜の定員と合格者数を見てみると
市川     定員35名 合格者90名(前年は44名)
昭和秀英  定員20名 合格者85名(74名)

1番手校の2校は定員の2倍を超える合格者を出しています

しかし、2番手校になると
日大習志野  定員40名 合格者40名(88名)
専大松戸   定員20名 合格者26名(22名)
成田      定員20名 合格者26名(29名)

この3校はほぼ定員通りの合格者しか出していません
後期では積極的に生徒を採る気はないということなのでしょう

成田では前期合格者の半数以上が選抜クラスでの合格でしたが
後期は合格者26名中、わずかに2名のみでした
後期では優秀な生徒が集まらないということなのかもしれません

今年は渋谷幕張と芝浦工大柏が後期選抜をやめています
私立でも2回入試は意義を問われる時期に来ているのかもしれません


スポンサーサイト
高校入試 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示