こんにちは、さくらです

TBS系ドラマ「重版出来!」を楽しみに見ています
新米のマンガ雑誌編集者の話です

マンガ雑誌編集者になりたかった私には
憧れていた世界のオンパレードです
毎回感動しながら見ています

編集者の仕事は漫画家との二人三脚です
ヒット作目指して漫画家と連載のネタを考え
送られてきたネームにアドバイスをして
マンガ作品を完成に導いていく

しかし実際にマンガを書くのは漫画家です
世に出た作品は漫画家の著作物になります
作品がヒットしてもそれは漫画家の手柄です
編集者はあくまでも裏方の地味なお仕事です

でも、漫画家と共にヒット作を作っていくという仕事は
人に夢を与えるやりがいのあるお仕事です
ドラマを見ていると涙が出てきます
(ドラマはずいぶん脚色されていますが)

ここまで書いてきて、ふと思ったことが
「漫画家」を「生徒」に変えれば・・・

塾の先生の仕事は生徒との二人三脚です
合格目指して生徒と学習計画を考え
勉強のやり方をアドバイスして
生徒を志望校合格に導いていく

しかし実際に受験勉強をするのは生徒です
合格した高校に進学するのは生徒自身です
志望校に合格してもそれは生徒の手柄です
塾の先生はあくまでも裏方の地味なお仕事です

でも、生徒と共に合格を目指していくという仕事は
人に夢を与えるやりがいのあるお仕事です

なんだ、すでにやりたい仕事をしてるじゃないか

なんてことを思わせてくれる元気の出るドラマです
(コミックスも出てますから読んでみてください)


スポンサーサイト
さくら | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示