2015年度 最終授業

2016/03/07 Mon 01:08

6日、2015年度(6期生)の最終授業を行いました

最終授業といっても
おつかれさま会のようなものです

とはいえ、そこはさくら進学塾なので
生徒たちがワイワイ楽しむ会というものではなく
高校進学にあたって伝えておきたいことを話しました
(おもしろおかしく説教する会ですね)

高校では予習が必要であること
復習=反復練習が最も重要であること
大学受験は高1から始まっていること

など高校での勉強に関することから
もっと先のことについてまで
伝えたいことを存分に話せたように思います

昨年は「さくら(独唱)」を歌いましたが
今年は「仰げば尊し(1番)」を歌いました
本来は生徒が歌う歌ですが個人的に好きなもので

ただ「我が師の恩」は恩着せがましいので
「和菓子の恩」にしました(発音は同じですが)

受験勉強に疲れた脳に
夜食のおまんじゅうが絶妙の糖分補給で
また頑張れた・・・なんてイメージで

まあ、多少は楽しんでくれたでしょうか

高校受験は合格のためにあるのではなく
高校で勉強するためにあります
自分の指導してきた生徒がしっかり高校の勉強を進められるよう
ヒントを与えられたなら最終授業をやった価値があるでしょう

少し自己満足なイベントですが
今年もやってよかったなと思いました


スポンサーサイト
さくら進学塾 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
仰げば尊し
コメントありがとうございます
生徒に「仰げば尊し」を歌うかどうか聞いたところ
半分近い生徒が手を挙げて驚きました
マスコミでいうほど「仰げば尊し」は絶滅危惧種ではないのかもしれません
もっとも地域性はあるのかもしれませんが・・・

管理者のみに表示