こんにちは、さくらです

前回も書きましたが、先日オフ会を行いました
県船橋高校に在学中のお子さんを持つ方が参加されたので
保護者から見た高校の様子を具体的に聞くことができました

県船橋はここ数年急速に大学実績を向上させています
それは学校側の熱心な取り組みによる結果のようです
面倒見の様子を聞くと、私立高校と錯覚してしまいそうです

以前も書いたことがありますが
県船橋のような地域トップ校でそんな面倒見が必要なのでしょうか
手取り足取りの指導で失うものもあるのではないでしょうか

県船橋高校は進学指導重点校ですから大学実績は大切でしょう
しかし、高校の教育目標は人材育成であって単なる合格実績ではないはずです

一流大学を出てるけど指示してくれないと動けない
そんな人間は今の社会では必要とされていません

先生が旗を振り、生徒は何の疑問も持たずについて行く
そんな高校では明日の地域を支える人材は育たないでしょう

今の県船橋高校を見ていると
東大には2桁受かるようになったけれど
第2の野田総理大臣は出てこないのではないかと思ってしまいます


スポンサーサイト
千葉県教育委員会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 危機感 | HOME | 秋のオフ会 »