「全面広告」

2009/12/06 Sun 02:51

金曜日の朝刊(我が家は朝日新聞)に、「少年ジャンプ」の全面広告が何面にもわたって掲載されていました。
最初は、「おっ、少年ジャンプだ、やるもんだな」と思いましたが、次の面も、また次の面も・・・うんざりしてしまいました。

ここ2・3年、新聞に全面広告が目立つようになってきたように感じます。
全面広告の紙面には、当たり前ですが1面まるまる広告しか載っていません。
その面には、何の記事も掲載されていないのです。

新聞はお金を払って買っているわけで、何の記事も載っていない紙面を買わされるのは不愉快です。
全面広告を出した会社の商品など「絶対に買ってやるものか」と思ってしまいます。

しかし、新聞は「マンガ雑誌」の全面広告が何面も占領し、テレビCMは「パチンコ」と「サラ金」と「保険屋」ばかり。
また、かつては500万部・600万部と隆盛を極めた「少年ジャンプ」も、ここまでやらないと生き残れないということでしょうか。
新聞・テレビ・マンガといった既存のメディアの重要性が低下している証拠でしょう。

変化の時代、翻弄されるのもよし、傍観するのもよし、置いて行かれるのも、またよし、です。


スポンサーサイト
受験以外 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示