大学生らが労組結成

2015/06/06 Sat 03:47

新聞に個別指導塾で働く大学生らが労組を結成したという記事が載っていました

「授業の準備や報告書作りに賃金が支払われない」
「休みが取れない」
「辞めさせてもらえない」
といった相談が多いということです

労働の知識がない大学生をいいように使い倒す塾があるのですね
世知辛い世の中になったものです


学習塾は低予算で開業できるので過当競争になりやすい業種です
(教室と机とイスだけあればよいのですから)

簡単に開業するような塾は似たり寄ったりになりますから
料金も含めてサービス競争になるのは必定です
塾というのは仕事がきついわりに儲からない商売なのです

バイトとはいえ、賃金と引き替えに労働力を提供するのですから
自分の就く仕事はどういう性格の仕事なのか知っておくべきでしょう


自分で塾を始める人は「教えたい」という志があるので
収入や労働時間などはあまり気にしない人が多いでしょう

勉強を教えることにやりがいを感じていれば
準備に時間がかかるのは当然のことなのですから

人に教えるという仕事はそういう性格の職業なのです
志がなくては、とてもやっていける商売ではありません


もちろん、知識のない大学生をいいように使うような塾は問題があります
先生を大切にしない塾は生徒も大切にしてくれないはずです

消費者が賢くなって、そういう塾には子どもを預けなければよいのです
そうすれば、ブラックな塾は自然に淘汰されていくでしょう

スポンサーサイト
教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示