習熟度別授業

2013/11/05 Tue 16:50

こんにちは、さくらです

東京都では公立の全小中学校で算数と数学の習熟度別授業を実施するようです
塾で様々な生徒を見てきた身としては、習熟度別授業の実施には賛同できます
ただ、小学校で算数をやるのなら、中学校は英語が先ではないかと思います

ちょうど今回の進学コラムで「公立入試の教科別特徴」を書きました
下は平成25年度千葉県公立前期選抜の得点分布グラフ(左が英語、右が数学)です

前期英数02

グラフを見てみると、数学は平均付近に多くの生徒が集まっており上位と下位の生徒は少なめです
しかし、英語は上位から下位までまんべんなく生徒が分布しており、下位生の層が厚いことがわかります
千葉県公立入試のデータですが、どこの都道府県でも教科の特徴は同じでしょう

私の経験でも、中3で Are you study English? などという英文を書いてしまう生徒を数多く見ています
基本的な文法の定着が不十分なのは、中1での演習量が不足しているからでしょう
基本が定着していない生徒に、不定詞や受動態、現在完了などを教えても理解できるはずはありません

英語は中学校から始まる教科ですから、わからないといっても国語や数学ほど根が深くありません
中1レベルに戻ってしっかりと決まりを覚えれば、授業がわかるようになる生徒は多いはずです

小学校で算数の習熟度別授業をするのですから、その授業を受けてきた児童が中学生になったときには、数学で落ちこぼれる生徒は減っているはずです。
(減っていなければ、何のための習熟度別だったのかということになります)
そういう意味でも、中学校では英語の実施がよいと思うのです


スポンサーサイト
学校教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示