なぜ、何の落ち度もない受験生が志望校を変えなければならないのか
なぜ、何の落ち度もない高校生が涙で訴えなければならないのか

いつも子供は愚かな大人の犠牲になる

たしかに先生の暴力で生徒が自殺するなど前代未聞の不祥事だ
市長は顔に泥を塗られた気持ちだろう

だからといって、何もかも切り捨ててよいわけではない
そこには生身の生徒たちがいるのだ

こうしてまた、愚かな大人のくだらないメンツのために、真面目に生きている子どもたちが傷つけられる

子どもの涙は有権者の1票の何倍も重い
なぜなら明日の日本を作るのは彼ら自身だからだ

今からでも遅くはない
何の落ち度もない生徒たちを切り捨てるようなことはやめてほしい

メンツが大事でそれもできないようなら、「ケツの穴の小さい野郎だ」と後世まで嘲られるだろう


スポンサーサイト
教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »