こんにちは、さくらです。

夏休みまでひと月半ということで、夏期講習の詳細を決めました。
基本的には昨年と同じです。

ただ、Vもぎが8月28日にあるので、翌29日に授業を入れました。
テストが終わって、すぐにフォロー(事後処理のやり方も含めて)することが大切ですから。
(「鉄は熱いうちに打て」です。)
9月に入ったら、テストのことなんか忘れちゃいますからね。

結果、夏期講習は21日間に。
本当はあまり日数を増やしたくはないのだけど。(授業料が上がってしまうし)

それでも、夏休み中の半分は塾のない日なので、「苦手克服」や「Tel帳」など自主学習の時間も十分に取れるでしょう。
(もっとも、授業があっても3時間ですから、授業の日でも自主学習の時間は確保できるでしょう。)


某大手塾のパンフレットを見ると、夏期講習本科だけで「10万弱!」、オプションも強くすすめられるはずなので、夏休みにどれだけお金かかるんだろう。
(さくら進学塾も時間単価は決して安くはありませんが)

進学コラムに公立入試の結果分析を書きましたが、千葉県の公立高校は塾で勉強するだけではダメなんですけどね・・・。
塾の2・3倍の時間数は自分で勉強しないと、「頭でっかちで訓練不足」の受験生になってしまうでしょう。
高いお金を払っても、「最後は本人次第」なのが受験なんですから。


ところで、5月からKクラスを増設したので、現在、「週休1日」(日曜のみ)状態です。
(大学出て高校教員になった頃、土日も部活で「週休0日」状態でしたが。)

夏休みは1日の授業数は増えるのですが、「4日授業で、2日休み」のペースで、しかもお盆休みがあるので、実はふだんよりも休みが多くなってしまうのです。
「夏が勝負」の進学塾なのに、こんなんでいいのでしょうか。


「さくら進学クリニック」トップページへ


スポンサーサイト
さくら進学塾 | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME |