「受験生の気持ち」

2010/02/19 Fri 02:46

昨日・今日で公立高一般入試の願書提出がありました。
願書提出に行った受験生の大半は、ほんの5・6日前に同じ場所で「不合格」という現実を味わったばかりです。
願書を出す受験生の気持ちは、どんなものだったでしょうか。

さくら進学クリニックで何度も書いていることですが、特色化選抜が実施されて、事実上、公立高入試が2回になりました。
入試が1回きりなら不合格にならないはずの生徒が、特色化選抜で不合格にされることになったのです。

1学年8クラスの学校なら、募集定員は320名です。
320名が入試で合格するわけですが、現在の制度では、そのうちの半分、160名は一度不合格にされるのです。

その160名は、入試が1回なら合格だったはずなのに、特色化の発表から一般入試の発表までの3週間を、不安にかられながら待たねばならないのです。
(もちろん、一般入試までは、追い詰められた気持ちで、必死に勉強しなければならないのです。)
しかも、学校ではクラスの半数以上が、入試を終えて卒業気分になっているというのに。

入試を2回行うことで、どんな教育的意味があるのでしょう。
義務教育の最後に、高校受験という関門があることは、今後の人生のためにマイナスではないと思います。(むしろ、学べることも多いでしょう。)
しかし、入試が2回になることによる苦痛は、まったく不要な負担です。
そんな、誰が考えてもわかるようなことが、千葉県教育委員会のお役人や文部科学省の官僚さんたちにはわからないのでしょうか。

教育行政は、次代の県民・国民を作る仕事です。
教育活動のひとつひとつが人間を作っていきます。
だからこそ、無用な苦痛はなくして欲しいのです。
無目的に入試を2回行うことは、止めて欲しいと思うのです。


スポンサーサイト
高校入試 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME |