下位層はスッカスカ

2016/10/10 Mon 04:33

こんにちは、さくらです

予備校講師の林修先生(もはやTVタレントかな)が
次のようなことを番組で言っていました

少子化で高校卒業者数は減っているのに
東大の定員は約3000名でほとんど変わっていない
だから東大の下位層は昔に比べてレベルが低い
今の東大の下位層はスッカスカのカッスカスだ!・・・と

実は同じことは高校にもあてはまります
千葉県の高校生徒数は
平成元年度の252,170名がピークで
平成27年度は152,419名とピーク時の60%に減少しています

私は平成元年度には県立高校の教員でしたが
勤務していた高校(当時は中堅校)の募集定員は
当時の10クラスから現在は7クラスに減らされています
(当時は都市部の高校の多くが10クラスだったように思います)

募集定員は倍率に応じて減らされる傾向にあるので
定員割れが続くような下位校はどんどん減らされて
現在は5クラス・6クラスという高校も少なくありません
(生徒が少ない方が指導もしやすいから、現場の声でもあったでしょう)

逆に、高倍率が続く上位校はあまり減らされていません
県千葉(内部進学者含む)や東葛飾の定員は8クラス
県船橋や千葉東は臨時定員増で9クラスも募集しています
林先生の言う東大の定員とまったく同じ状況です

公立御三家でも下位層のレベルは
20年前・30年前とはずいぶん違っているはずでしょう

昔のように何十年も同じ学校に勤務している先生がいれば
違いが実感できたかもしれませんが
今はどんどん異動させられてしまいますから難しいかもしれません
(久しぶりに戻ってきたりすればわかるかもしれませんね)

少子化、高齢化、人口減少、
今までの価値観が大きく変わる世の中になってきています
そんな時代に小さな個人塾は何ができるのでしょうか
「有名校に合格させればいい」ということではないのは確かでしょうね


スポンサーサイト
教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、さくらです

ベネッセ教育総合研究所の調査によると
「いい大学を卒業すると幸せになれる」と考える小学生が増えたそうです
(9年前より17ポイント増え78%になったそう)

子どもの意識は子どもの中から湧き出てくるものではなく
周囲の大人の言動に左右されるものです
学歴が大切だと考える人が子育て世代に増えているということでしょう

この調査は小学5年生が対象なので保護者の世代は30代中心でしょうか
仕事がわかってきて給与の差もついてくる世代です
学歴による理不尽さを感じることもあるでしょう

一般に、いい大学を出ている人は学力が高いです
学力が高い人は処理能力が高いか、努力する能力が高いです
処理能力や努力する能力が高い人は仕事ができます
仕事ができる人は給料が上がります

そう、「あの人」の給料が上がったのは
「いい大学を出たから」ではなく
「仕事ができるから」です

実力重視の社会になって久しいのに
それを学歴にすり替えて考えてしまうのは
実力を上げる方法がわかりにくいからでしょう

仕事ができる人をうらやましく思う人は
「あの人」のようになるにはどうしたらよいのか
対処の仕方に悩むのだと思います
結果、わかりやすい学歴を目標にしてしまう

「学歴が高くて仕事ができない人」って最悪の同僚ですよ

ところで、「いい大学を卒業すると幸せになれる」としても
「いい大学を出ないと幸せになれない」というわけではありません
「逆は必ずしも真ならず」です、数学で習いましたよね
(この場合は逆ではなく裏ですが)

大学など出なくても幸せになっている人はたくさんいます
業者のあおり文句に乗せられたら子どもを不幸にするだけです
(そもそも「ベネッセ教育総合研究所」なんて怪しすぎでしょう)

幸せになるための方程式などないのです
それは自分自身が失敗しながら見つけ出すべきものです


教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、さくらです

学校の先生を増やしたい文部科学省と
減らしたい財務省との間で
先生が増えることでどの程度の教育効果があるのか
具体的な数値を示せという議論があるようです

学校や塾で25年以上勉強を教えてきた立場から言えば
クラスの生徒数が少ないほど(=先生が多いほど)教育効果が上がることは明らかです

生徒が少なければ先生の目が行き届きます
できている生徒、つまづいている生徒、生徒の様子がしっかり把握できます
また、つまづいている生徒のケアもマメにできます

勉強以外の学校が抱える問題点について
いじめ対策や保護者のクレーム対応のための時間も取れるでしょう
文科省が考える理由はむしろこっちなのかもしれません

しかし現実には予算は限られています
1クラス40人を35人にする程度しか先生を増やせないなら
その効果は薄いでしょう
財務省が効果を数値で示せというのもわかる気がします

民主政治はいかにバランスよく妥協点を模索するかです
教育現場にとって、何よりも児童・生徒にとって
よりよい結論を模索して欲しいものです


教育 | コメント(0) | トラックバック(0)

新しい世界の幕開け

2015/10/28 Wed 01:49

こんにちは、さくらです

超小型自動翻訳機は遠くない未来に実用化されるでしょう
2020年の東京オリンピックあたりが目安かな
・・・なんて勝手に期待しています

前回も書きましたが
超小型自動翻訳機が実用化されると言葉の壁がなくなります

海外旅行だけでなく外国に移住することも容易になるはずです
定年後は気候の穏やかな国で悠々暮らしたい
なんてことも夢物語ではなくなります

言葉の壁が無くなれば
人や物が今とは比べものにならないほど動くようになります

母国なんていう概念もなくなってくるかもしれません
自由に選んで住み着いた場所が母国になるのです

国のやり方が気に入らなければ好みにあった国に移ればよいのです
国民の期待に応えられない国はどんどん人口が減ってしまうかもしれません

ほんの小さな機械が大きく世界を変えてしまいそうです
まさに「新しい世界の幕開け」です
こんな時代に生きられることを嬉しく思います

超小型自動翻訳機は私の想像の話です
でも、想像だけでは終わらないんじゃないかなと思っているのです


教育 | コメント(0) | トラックバック(0)

自動翻訳機のある生活

2015/10/21 Wed 03:03

こんにちは、さくらです

前回書いた超小型自動翻訳機
素晴らしいですよね
海外旅行にぜひ欲しいと思いませんか

みんながそう思って購入すれば
大量生産されて急速に値段が下がるでしょう

大量に生産されたぶんだけ会話のデータがフィードバックされるので
翻訳の精度は急速に向上していくはずです
こうして超小型自動翻訳機はものすごいスピードで普及することでしょう

世界中の多くの人が超小型自動翻訳機を身につければ
外国に行っても言葉の壁はなくなります

どこに行っても母国語で話が通じるなら
英会話の勉強など必要ありません
語学教育に対する考え方も変わってくるでしょう

言葉の壁がなくなれば
今よりずっと気楽に外国に出て行けます

ぞろぞろとツアーで観光地を巡るだけでなく
現地の人しか行かないような場所にだって行くことができます
海外旅行の楽しみ方が大きく変わることでしょう

まだまだ続きます


教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »