香川照之の昆虫すごいぜ!

2017/05/07 Sun 04:41

こんにちは、さくらです

ゴールデンウイークも間もなく終わりですね
さくら進学塾は5日のみ休みであとは通常通りなので
私のゴールデンウイークは5~7日の3日間だけです

もともと旅行に出かけたりするほうではないので
日頃たまっている家の整理や掃除をしたり
やはりたまっているビデオを見たりしています

この連休で最大の収穫だったのが
Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」2時間目です

5日9時の本放送の存在は気づかなかったのですが
6日のデーゲームで千葉ロッテが勝利したので
夜のスポーツニュースを録画予約しようとして
同番組の2時間目の再放送(6日深夜)を発見!!

見逃さなくてよかったー!!!

名俳優で歌舞伎俳優でもある香川照之(東大卒)が
カマキリの着ぐるみを着て
原っぱで何時間もモンシロチョウを追いまくる

挙げ句の果てに
人間大に制作したモンシロチョウの羽を背負って
クレーンで宙づりになり羽ばたいてみせる
(重すぎて羽ばたけなかったが)

昆虫好きの香川照之が
昆虫のすごさを紹介する番組なのだが・・・

51歳とは思えない香川照之の異様なパワー満載で
「香川照之の昆虫すごいぜ!」どころか
完全に「香川照之の香川照之すごすぎるぜ!」状態
「人間、頑張ればここまでできるんだ」という感じ

自分も(52歳)もっと頑張らなきゃと思わせる
元気をもらえるというか、強制的に頑張らされる番組でした
(もちろん昆虫の知識も得られる番組です)

いやー、香川照之はすごいわ!


スポンサーサイト
さくら | コメント(0) | トラックバック(0)

ホッとできる時期

2017/04/15 Sat 04:10

こんにちは、さくらです

春休みが終わり、新年度が始まりました
学校は賑わいが戻って
先生方は毎日忙しいのでしょうね

塾の新年度は3月なので
入試~新年度~得点開示~春期講習と
1月中旬から続くイベントがやっと一段落です

これから公立平均点が発表になる5月下旬までが
年間で最もホッとできる時期です

資料や教材の整理
教室のメンテナンス
ホームページの見直しなど
この時期にしかできないことも山積みなので
ホッとはしても遊んではいられませんが・・・

1人で運営している純粋な個人塾ですからね
(ピュア個人塾とでも呼ぼうか)
自分が動かないと何も始まらないのです

まあ、優先順位だけは気をつけて
終わらなかったら「また来年」なんてできるのも
ピュア個人塾ならではですが

心と身体に休憩を取りながら
頑張りすぎない範囲でこなしていきたいと思います


さくら進学塾 | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年度 最終授業

2017/03/13 Mon 00:52

12日、2016年度(7期生)の最終授業を行いました

最終授業といっても
おつかれさま会のようなものです

とはいえ、そこはさくら進学塾なので
食べて飲んでなどワイワイ楽しむ会ではなく
高校進学にあたって伝えておきたいことを話しました
(おもしろおかしく説教する会ですね)

高校では予習が必要であること
復習=反復練習が最も重要であること
大学受験は高1から始まっていること

など高校での勉強に関することから
もっと先のことについてまで
伝えたいことを十分話せたように思います

最後に昨年に続いて「仰げば尊し(1番)」を歌いました
(今年は谷村新司風にアレンジしてみました)
本来は生徒が歌う歌ですが個人的に好きなもので

まあ、多少は楽しんでくれたでしょうか

高校受験は合格のためにあるのではなく
高校で勉強するためにあります
自分の指導してきた生徒がしっかり高校の勉強を進められるよう
ヒントを与えられたなら最終授業をやった価値があるでしょう

ただ、授業形式では1人1人とは話せないので
そのあたりは心残りがあるのですが
まあ、そういう塾なので
(生徒と近くなりすぎないのがさくら進学塾のモットーです)

少し自己満足なイベントですが
今年もやってよかったなと思いました


さくら進学塾 | コメント(0) | トラックバック(0)

受験の結果に思うこと

2017/03/09 Thu 04:09

こんにちは、さくらです

3月7日の公立後期発表で千葉県の高校入試が終わりました
さくら進学塾でも7期生全員の進学先が決まりました

塾で生徒をお預かりしている立場としては
生徒全員に希望の高校に進学してもらいたいと思います
大神宮にお参りして「全員が合格しますように」と祈ってみたりもします

しかし人生の先輩としては
努力量に応じた結果を与えて欲しいと思います

人は長い人生の中でたくさんの勝負に臨みます
そこで勝利をつかむための最大のポイントは努力量です
より多く努力したものが、より多くの勝利を手にすることができます

1回2回の勝負なら、運で勝てることもあります
しかし長い目で見れば、努力が足りない者には多くの勝利は訪れないのです

高校受験を人生の修練の場であると考えるならば
努力が足りないにもかかわらず志望校に合格してしまうことは
本人のためにはなりません

人は自分の経験から学んでしまうからです
・・・「努力しなくても何とかなるもんだ」と

その結果
その後の人生で獲得するはずの多くの勝利を獲得しそこなってしまうのです

高校進学など人生の初めのほうの小さな1歩にすぎません
だからこそ努力した者にはしたなりの
しなかった者にはしなかったなりの結果が出ればよいと思うのです

もちろん我が子の受験であれば
そんな理想論など言っていられないのでしょうけど


高校入試 | コメント(0) | トラックバック(0)

公立前期発表に思うこと

2017/02/21 Tue 23:49

こんにちは、さくらです
昨日は公立前期選抜の発表日でした

今年度からwebでも合格者の番号を掲示するようになりました
そんなことはまったく知りませんでしたが
たまたま県教委のホームページを見ていて案内を見つけました
(たまたまというより習慣ですが)

ホームページの掲載も突然でしたが(2月15日更新になってます)
どこかできちんとアナウンスしたのでしょうか
中学校では伝達されていたのかな?
アナウンス不足で活用されなかったのではないかと勘ぐってしまいます

個人情報保護の流れなんでしょうか
私立ではweb発表では番号一覧の掲載をやめる学校が増えました
IDとパスワードを入力して自分の結果だけ表示する形式が主流になりつつあります

そんな中で、今ごろになって番号一覧を掲載し始めるところがお役所仕事ですね
公立は第一志望校なので受験生は自分で見に行くでしょう
便利になるのは塾関係者だけのような気がします
なんか、なんかなあ・・・って感じです

前期発表の話に戻ります
私の塾でも半数以上の生徒が不合格をもらってきました
不合格を量産するこの悪しき制度はいつまで続くのでしょうか
(毎年書いているような気もします)

定員320名の高校では320位までの生徒が合格になって当然です
しかし今の制度では193位~320位の生徒は不合格になるのです

本来なら合格になるはずの128名の生徒が
後期で128位以内に入れる保証はどこにもありません
中にはあきらめて別の高校を受験する生徒もいるかもしれません

合格の生徒の一部を不合格にして
2回目の定員を確保する今の制度に意味があるとは思えません

少子化の時代ですから受験が初めての保護者も多いでしょう
「今は2回受験できるから安心ね」なんて思ってもしかたありません

複数回入試とはどれくらい歪んだ制度なのか
中学校や塾の先生が本当のことをもっと教えるべきでしょう

(いっそのこと定員を320回に分けて定員1名の入試を毎日やればいいんだ
そうすれば複数回入試がいかにバカな話かわかるでしょう)

1日も早く中学生が無駄な涙を流さずにすむような制度になって欲しいものです


高校入試 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »