FC2ブログ

被災地

2019/09/12 Thu 03:06

こんにちは、さくらです

台風が通過した9日(月)
成田市在住の私は
京成もJR成田線も不通のため
自家用車で教室のある船橋まで行きました

私の家は停電していなかったのですが
成田市内でも信号が消えているところもあり
被害の大きさを感じながら出勤したのでした

授業を終えて帰り道
旧印旛村から酒々井町にかけて一面真っ暗!
我が家のすぐ近くで
こんなに広範囲に停電しているなんて・・・

10日(火)は塾が休みのため
芝山町にある妻の実家の様子を見に行きました
成田市から富里市に入ると
またしても信号が消えています

コンビニもドラッグストアも大型電気店も
軒並み営業していません
電気店では定員が2人
店の前に机を出して何か売っていました
(きっと懐中電灯や電池でしょう)

芝山町では全域が停電しており
断水している家も多数あるようでした
冷房が使えないので暑さが厳しいのもたしかなのですが

町内で営業している店がなく(調べたわけではありませんが)
食料や飲料水など最低限の生活物資も手に入れられないのです
車が使えれば町外の開いている店に行けますが
車が使えなければまったく生活を維持できない状況です

芝山から成田に戻って
近所のヨーカドーに買い物に行ったら
パンも弁当もバナナもなくなっていました
(我が家は朝食がパンなので困りました)
私の住む成田も立派な被災地です

11日(水)復旧した京成で出勤すると
船橋は何もなかったのかのようにいつも通り
電気は煌々とついているし
デパートも営業してるし
スーパーにはうなるほどパンが売っています
「このパンを買い占めて、富里や芝山で配れたら」と真剣に思いました
(実際にはできないんですけどね)

被災地とそうでない土地と温度差ありすぎです
内閣改造なんかしてる場合じゃないだろう!


スポンサーサイト



さくら | コメント(0) | トラックバック(0)

10回目の夏期講習

2019/08/03 Sat 01:55

こんにちは、さくらです

8月に入りました
長かった梅雨も明け
いよいよ夏真っ盛りです

さくら進学塾でも
10回目の夏期講習の真っ最中です

さくら進学塾の夏期講習は
中3総合クラスの1日3時間授業のみです

大手塾に勤めていた頃は
1日6~7時間授業なんてよいほうで
10時間30分勤務の8時間授業なんてのもザラでした
当然ですが、最後のほうの授業はフラフラの状態です

今はしっかりと準備して
知力・体力とも十分な授業ができます
これが自分の塾を作った最大の利点だと思っています

受験の天王山である夏休みに
準備不足や体力不足の授業をしては
受験生のための塾とはいえませんよね

先生は若くはありませんが(笑)
夏休みも元気いっぱいの授業をしています


さくら進学塾 | コメント(0) | トラックバック(0)

無念

2019/07/22 Mon 22:15

こんにちは、さくらです

夏休みに入りました
受験生には勝負の夏になります

まったく関係ない話で恐縮ですが
私は学生時代
自主アニメを作っていました
(正確にはアニメ制作のサークルに入っていました)

部員ごとにカットが割り振られて
プロじゃないので
原画も動画も彩色も全部やります
カットまるまる全部1人の責任です

作画監督のチェックは受けていても
カットごとに個々の絵の特徴が出てしまうので
カットが変わるとキャラの顔つきも変わって
もう何がなにやら・・・
まあ、それが自主制作の楽しいところでもありますが

30年以上前ですからすべて手作業です
貧乏学生サークルなのでセルなんて使えず
動画用紙に下書きして
そのままピグマでトレスして
彩色は色鉛筆(三菱ポリカラー)でやってました

もちろんセルじゃないので背景は透けません
背景が欲しければすべての動画に入れる必要があります
そんなの無理に決まってます
結局、背景はいつも真っ白で(笑)

私は絵があまり得意でなかったので
(「じゃあなんでアニメサークルに入るんだよ」って声が・・・)
原画なんて一晩でたった1枚とか、とにかく遅くて
いつも締め切りとの戦いでしたね

締め切り間際は本当にきつくて
時に脱走者まで出たりします(趣味のサークルなのに)
逃げた人の分は残っている人に再度割り当てられるので
もう動画描き地獄のような状況に・・・
(せめて描いた分だけでも置いていけよって真剣に思いましたね)

撮影がまた大変で
8ミリフィルムカメラ(フジカシングル8)で
3コマずつレリーズ押しては
動画用紙を交換するの
ひたすら繰り返し
集中力が切れてきてミスすることすること

遮光カーテン引いて
大きい電球2つで照らすので
夏なんか灼熱地獄でしたし

そうまでして作っても
実際には学生の自主アニメなんて大したものはできないのですが
自分の描いた絵が動くのを見ると達成感に浸れるのでした
上映会でウケたりすれば、もう天にも昇る気分で
やっぱり楽しかったですねー
(大学のアニメ研が集まって年2回上映会を開いていました)

学業なんてそっちのけで
「何かネタになるものはないかなー」なんて
いつもアニメ作りのことばかり考えている4年間でした

大学生のサークル活動でもそうなんですから
プロの人は何十倍も何百倍も喜びがあるでしょう

描きたいこと、伝えたいこと
たくさんの志を持ってアニメの世界に飛び込んで
命を削り出すように絵を描いて
たくさんの作品を世に送り出して・・・

それをあんな形で
突然、志を絶たれることになって
さぞかし無念だったろうと思う

魂というものが本当にあるのなら
あの場所にさまよう魂たちに
もう一度ペンとタップと動画用紙を渡してあげたい


さくら | コメント(0) | トラックバック(0)

中2クラスの進路状況

2019/07/02 Tue 04:25

こんにちは、さくらです

9月から授業を開始する
中2クラスの案内ページを作っています

昨年度の案内ページを見てみると
最後のほうにこんな一文が
「中2クラスの効果について進学先から検証しました」
「詳しくは>>さくら談話室に」 

2年前に
入塾時期による進学先の違いを調べてみたのでした
昨年は調べなかったので
2年分の卒業生を加えて再度調べてみようと思いました

私の塾
さくら進学塾は「公立上位校を目指す塾」とうたっています
したがって、公立1番手校に進学できれば
ほぼ目標を達したと言ってよいでしょう
(実際には千葉東より船橋、船橋より千葉という思いもあるでしょうが)

そこで、公立1番手校(県千葉・県船橋・東葛飾・千葉東)への
進学者数を調べてみました

さくら進学塾の創立から今春まで(1期~9期)の
卒業生は131名
公立1番手校進学者は45名
進学率は34.4%です(小数第2位以下を四捨五入しています)
ここまでのデータはホームページにも載せています

今の形の中2クラスは3期生以降なので
3~9期の卒業生115名を入塾時期で分類すると

中2クラスからの入塾生 43名
公立1番手校進学者 21名
進学率 48.8%
 
中3以降の入塾生 72名
公立1番手校進学者 20名
進学率 27.8%

中2クラスからの入塾生は
ほぼ半数が公立1番手校に進学しています

中3から入った生徒の合格率はその半分ちょっとですから
わずか半年間の中2クラスにも
大きな意義があることがわかります

一昨年に調べたときはその差に驚いて
「けっこう効果出してると言っていいのかもしれません」
「いや、だいぶ効果あるんじゃないかな」
なんて書いちゃっていますが
たった週2時間の授業でそれほどの効果が見込めるとも思えません

「早く塾に行けば、それだけ有利になる」なんて
商売じみたことを言うつもりはありませんし
実際、早く塾に行けば志望校に受かるわけでもありません

上位校に受かるためには
塾に行こうが行くまいが、相当量の勉強が不可欠だからです

ただ、中2クラスから塾に来ることで
「2年生のうちから受験を意識する」
「部活が大変でも、できることがあればやる」
といった前向きな気持ちにはなりやすいのではないかと思います
(授業では入試制度や学校情報、2年からできる勉強の話などたくさんします)

少なくとも
「受験を考えるのは部活を引退してから」なんて生徒とは
中3の夏までに大きな差がつくことでしょう

そういうことをトータルで考えて
「中2クラスはなかなかの効果を出している」と
言ってよいのではないかと自負しています


さくら進学塾 | コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、さくらです

進学コラムにも書きましたが
市川に続き
昭和秀英も後期を廃止します

上位校で後期を行うのは
日大習志野と専大松戸の2校のみになります
(専松はまだHPに要項を出してないので未確定ですが)
いよいよ私立の1本化も見えてきたと言ってよいでしょう

前にも書きましたが
1本化は歓迎ですが
前期の日程での1本化はやめて欲しい

併願の入試を今の後期の日程にしてくれれば
冬休み明けの1月いっぱい
中学校でも塾でも落ち着いて勉強できます

入試直前期にしっかり勉強できれば
新高校生の実力が向上するので
高校側にもメリットがあるでしょう

公立志望なら入試は2月

これでお願いしたい
これを公立1本化と同時に実現できないものでしょうか


高校入試 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »